睡眠導入剤とアレグラを一緒に飲むと強さはどうなる?

アレグラは抗アレルギーの薬なのですが、比較的眠気の弱いタイプの薬です。しかし、アレグラで眠くなる人もいます。アレグラは抗アレルギー剤の中では二番目ぐらいの強さを持っています。眠気もほかのアレルギー薬に比べて特段に強いわけではありません。睡眠導入剤とアレグラを一緒に飲むと、眠気の効き目の強さが増すということはありません。成分が違うので一緒に飲んだから強さが増すということはありません。ただ、花粉症の薬は飲むと一般に眠くなることが多いので、アレグラを夜飲んで寝ても翌日眠くなることは考えられます。睡眠導入剤は、寝つきをよくするためのものす。ふだん寝つきが悪い人で睡眠導入剤を処方されている人が、花粉症の時期にアレグラを処方されることはありえます。また逆に、アレルギー体質でふだんからアレグラを処方されている人が、寝つきの悪さを改善するために睡眠導入剤を処方される可能性もあります。成分も目的も違うので神経質になることはないはずですが、医師から薬をもらうさいには、別の薬を飲んでいることを伝えておく必要があります。
睡眠導入剤は睡眠薬とほぼ同じ意味で使われています。睡眠薬の中には、即効性がある超短期間持続型や長時間持続型薬など、さまざまな種類があります。強い作用を持つ睡眠薬と眠気をもよおす抗アレルギー剤を併用してしまうと、翌日に眠気やぼーっとした感覚が残り、仕事や勉強、車の運転などに支障を来すことがあります。睡眠導入剤と睡眠薬の線引きがあいまいなため、睡眠導入剤だと思って飲んでいたのは実は睡眠薬だったということもあります。こうした意味からも医師から薬を処方される際は、ほかに飲んでいる薬を伝える必要があります。

ページトップへ